スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

アダルト・チルドレン(AC)

 2008-06-17
うつ病になって初めて「アダルト・チルドレン(AC)」という言葉を知りました。

wikiによれば「機能不全家庭で育ったことにより、成人してもなお内心的なトラウマを持っている人のことを指す」とのことです。

私は決して「機能不全家族」で育ったとは思っておりません。

結構自由に育てられ、また、小・中・高・大学とすべて公立に通わせてもらい、しっかりとした教育を受けさせてもらいました。 「両親からの期待」は高く感じてましたが、両親には感謝しております。

まぁ、大学ではろくに勉強してなかったですがw  

しかし、「内心的なトラウマ」はあります。心当たりがあります。

このカテゴリー「うつ病の原因(AC)」では、私の「内心的なトラウマ」を明らかにし、私のインナーチャイルドを癒してあげ、もう一度育て直してあげ、受け入れてあげたいと思います。

なお、参考にさせてもらった本は、「アダルト・チルドレンと癒し 著者:西尾和美先生」です。



思えば、秋葉原の事件の容疑者も、「アダルト・チルドレン」だったんじゃないかなあと感じます。



リハビリになります。励みになります。
↓バナークリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 精神科・心療内科へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ


スポンサーサイト
タグ :

子供の頃のおろ君へ -1

 2008-06-21
おろ君、今何歳だい?
5歳か

お父さんの転勤で、知らない土地の保育園に入ったね

みんな使ってる言葉が違うね、方言だ
「変な言葉使う奴」!って苛められてるね

ガキ大将が来たぞ!
奴、おろ君の服をもって、おろ君をグルグル・ グルグル回してるね
「やーい、変な言葉使い!」って
目が回るね、怖いだろ、イヤダね

みんな見てるのに、誰も止めない


おろ君、俺は大きくなったおろだよ

もう大丈夫、俺が守ってやる。
そんな苛める奴は、俺が退治してやる!
安心しな、ほら、手つなごう
一緒に砂場行って遊ぼう
あんな奴放っておけ

また、君がそんな目に遭いそうになったら、
俺がすぐ来てあげる。 守ってあげる。
安心しな、大丈夫、俺がおろ君のこと守ってやるから
いつでも、見守ってるよ

大丈夫、ノビノビしな
ほら、山がきれだよ、富士山みたいだね
一緒に頂上まで登って遊ぼう!

もう大丈夫だよ・・・・



リハビリになります。励みになります。
↓バナークリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 精神科・心療内科へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ

タグ :

子供の頃のおろ君へ -2

 2008-06-21
おろ君、今何歳だい?
6歳か、幼稚園入園おめでとう!
ちょっと背が伸びたみたいだね

俺は大きくなったおろだよ

どうした、何でそんな本棚のすき間にいるんだ?

そうか、みんなのことが怖いのか
保育園でいろいろあったもんなぁ
分かってるよ

大丈夫だって、君が嫌なことされそうになったら
俺がいつでも守ってあげるから
いつでも見守ってあげるから、すぐ来てあげるから


さぁ、そんなすき間から出てきな
ねんどがあるぞ、何か作ろう!
さぁ、みんなと一緒に遊ぼう、俺も仲間にいれてよw


んん?何か石が飛んできたな
どこからだ?
奴だ!
また投げてきた
反撃だ、やっちゃえ、やっちゃえ!

あっ、全然関係ない子に当たった!
血が出てる、泣いちゃってる・・・

先生が血相かいて飛んできたぞ
おろ君を職員室に入れ込んで、「何でそんなことやったんだ(怒)!」
おろ君、怒られてるね、動揺してるね、泣いてるね
どう説明したらいいか、分からないね

俺が先生に説明してあげるよ
「先生、奴が先に石投げてきて、おろ君は怒って投げ返したんです
たまたまおろ君の投げた石が他の子に当たっただけです。 
喧嘩を仕掛けてきたのは、あっちの奴です」

もう、泣くなよ、おろ君
俺がちゃんと説明してあげたよ
先生も若い人だから、しっかり事情が把握できないんだって

もう大丈夫、俺がちゃんと説明しておいたから
もう大丈夫だよ、俺がちゃんと付いてるの、味方になってるの
分かっただろ
安心しな、な!



リハビリになります。励みになります。
↓バナークリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 精神科・心療内科へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
タグ :

ちょっと大きくなったおろ君へ -3

 2008-06-21
おろ君大きくなったなぁ
小学2・3年くらいか?

俺は、今の大きくなったおろだよ


お父さんが帰ってきたぞ
また酔っ払ってる
はじまるぞ、いつもの夫婦喧嘩

「ガチャン、ドスン!」

おろ君、何もできないな、怖いな

「誰のおかげでメシ食えてると思ってるんだ!」

酔っ払ったお父さん、怖いね
あぁ、寝ちゃったよww お父さん疲れてるみたいだね
君の事かまってあげてくれないね
せっかく小学校のかけっこで1等とったのに・・・

でも一緒にキャッチボールとかしてくれてるよなぁ

なんだか、大人の男って怖いね、特に酒飲むと・・・

おろ君、大丈夫だよ、大人の男なんて怖くない!
大人になると、仕事なんかで辛いことがあるから、
アルコールとかで発散してるだけなんだよ
自分が抱えてるストレスを、他人に当たってるんだよ
弱い人間だね、寂しいね、何か・・・
別な楽しみ見つけて発散すればいいのに・・・・

怖くないって、大人の男なんて

おろ君、ほら、一緒に手をつなごう
お姉ちゃんも一緒に手をつなごう
3人で手をつなごう、もっと体を近づけて

1・2・3 さぁ、奴らから逃げよう!
俺が守ってあげるから、3人で一緒に遊ぼう
ほら、二人とも、俺の胸に飛び込んできな!
抱きしめてあげるから
怖かっただろ、もう大丈夫、安心しな・・・・


あの二人がね、ああなるのは、
まずお父さんは仕事がきつくて、お酒無しではやっていけないんだよ
疲れきってるんだよ。君たち家族を守るために、がんばってるんだよ

で、お母さんは、性格的に癇癪もち
だから、ああやって酔っ払って帰ってくるお父さんのこと許せないんだよ
怒鳴りつけるんだよ
で、たまに君らにもきつく当たることあるだろ
でも、我慢して我慢して君らを育ててる、料理作ったり、掃除洗濯したり

「お父さんみたいになったらだめだよ」よくお母さんから言われたね
おろ君、その通り、おとなしくしてるなww 優等生だなwww

親が引いた線路通りに進まなくていいよ!
そんなの必要ないって、「良い大学にいけ」って関係ないって
君にはたくさんいいところがある
君にはたくさんの宝石が詰まってるから、
親なんて関係ない
君の中の宝石を見つけて、磨きな
脱線上等だよ!
君が楽しいと思うことをやりな



夫婦二人ともあれが個性、受け入れてあげよう、育ててくれたんだ、尊敬してあげようよ
でも、もう少し温かい家族のほうがいいねww

夫婦二人ともかわいそうだな、でも、君ら二人のことは大切にしてるはず
俺も君の事大切にしてるよ、安全なところにいつも連れてってあげてるだろ

でね、君ら二人は親の所有物じゃなんだよ!
君らは君ら、個性をもって、尊重されるべき人間だよ!
決して子供は親の所有物じゃない!
それは絶対に忘れるな、君ら自身で歩いてくんだ!


俺と一緒に、おろ君とお姉ちゃんと一緒に二人を見守ってあげよう
怖くないよ、俺がついてる。 そばにいてあげるから。
大丈夫だよ。

また、同じようなことがあったら、すぐに君のところにきてあげるから
もう大丈夫、な!



リハビリになります。励みになります。
↓バナークリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 精神科・心療内科へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ


タグ :

インナー・チャイルドの癒し(あとがき1)

 2008-06-22
生きづらさを感じてませんか

自分は何の価値もない人間だと感じてませんか

「何もかもめんどくさい」って常々考えてませんか

言いたいことも言えない、やりたいこともやれない、って感じてませんか



私は比較的恵まれた環境で生きてきました

近くに池や山があり、自然に恵まれ

大学時代は親元を離れることができ、海も近かったし

熱中できるものにも巡り合えました

でも、過去のトラウマで大学時代の物はすべて捨て去ってしまいましたが・・・


まぁ、両親の仲はあまり良ろしくありませんが、

そんなに「ものすごく激しい不仲」でもありませんでした

育ててくれて感謝してます。 学を付けてもらえて感謝してます。

逆に、今でも「ぎこちない夫婦関係」を続ける二人に憂いを感じます


先に書いたとおり、僕は過去に心の傷を負っていました

(1)保育園でのいじめに遭う、幼稚園で事件を起こし先生から詰問攻めに遭う

(2)激しい夫婦喧嘩を目の当たりにした怖さ

(3)酒を飲んで帰ってきたときの父の怖さ

(4)母の癇癪もち

(5)「お父さんみたいにならないように」との暗示により、クソ真面目に生きて
親の引いた線路に沿って学習してきたこと

これらの「心の傷」により、

(1)生きづらさを感じ、人と仲良くできない、孤独、自分を主張できない、積極性がない

(2)「結婚したくない」「結婚してもどうせうまくやってけない」という考え方に縛られる

(3)大人の男性への恐怖心

(4)「女は怖い」との一面的な見方

(5)自分で考えず、やりたいこともできない、いいたい事も言えない

こんな生きづらさを感じてきました。


今は、大分「心の傷」は癒され、多少ですが、「生きづらさ」を感じないようになってきました。

でも、まだまだ、治療は必要かと思ってます。

西尾和美先生の本に巡り合えて、幸運です。

もう少し早くこの本に巡り合えたら、「機能する家庭」を再構築できたでしょう

でも、もう年老いたい両親、「一緒に旅行しよう」と誘いましたが、体力的に無理だそうです

私はそっと見守るしかありません

私はまだ自分のケアが必要ですから




リハビリになります。励みになります。
↓バナークリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 精神科・心療内科へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ


タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。