スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ベンジャミン・バトン 数奇な人生

 2009-02-28
ベンジャミン


「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」観てきました。

80代で生まれ、そこから若返っていくひとりの男の姿を描いた短編の映画化作品。
普通の人とは違い、青春時代は「年老いた姿」、段々年とともに若返り、老年時代は「子供の姿」。
そして最期の日は、「赤ちゃんの姿」で迎える。

人生の中での初恋、恋愛、仕事、そして、愛する人との別れ・・・

男と女は、年相応の姿・心が重なり合う数年間の一時を満喫し、充実した日々を送る。
でも、愛する男は若返り、愛する女は年老いた姿と変わっていくのは避けられない。
やはり、「違い」を認め合うのは、困難なのだろう・・・

男は「赤子の姿」で死を迎え、女は「老人の姿」で死を迎える。

一時の楽しみ、快楽。
でも皆平等に「死」はやってくる。
どんな姿であろうと、最後は死ぬだけ。

切ない映画でした。


******************************

いらっしゃいませ、どこからいらっしゃいました?
励ましのため、ぽちっとよろしく
何か感じたら、コメントもよろしく


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

スポンサーサイト
タグ :

近況報告

 2009-02-25
最近、「ネタ」を考えるのを怠ってますw
とりあえず近況報告。

ひたすら一人です。

仕事中はモクモクと目の前の仕事に集中してます。
他人からは「くだらねえ」と思われるような仕事でも。
例えば、袋に付いてる「看板」の入れ替えとかwww
どんな仕事でも、一瞬の油断もしません。

できるだけ沈黙を貫き、貪欲、瞋恚、愚痴を追放してます。

他人の戯言も気にしないようにできてます。
右の耳から左の耳へ抜けてってます。

「やっぱり精神病者はダメだ!」と聞こえましたが、
聞こえただけ。
ただそれだけです。

最近思うんですが、「すべての喜怒哀楽は、自分の心が作る、単なる妄想だ」と。
妄想に囚われることなく、今、一瞬一瞬を大切に過ごす。

借り物のこの体、
お返しする時は、次の人にしっかり使えてもらえるよう、
チャンと使わなきゃと思ってます。


******************************

いらっしゃいませ、どこからいらっしゃいました?
励ましのため、ぽちっとよろしく
何か感じたら、コメントもよろしく


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ


タグ :

苦の克服 四諦

 2009-02-17
先日は、「苦」とは何かを記述した。
次からは、「苦」を克服する方法を記述したい。

四諦(したい)
「四つの諦め(あきらめ)」と読んじゃダメですよw
「四つの道理・真理(あきらかにする)」のことです。

苦諦・・・人が生きるということは苦であるという真理
集諦・・・その苦の原因は人間の執着にあるという真理
滅諦・・・この苦を滅した境地が悟りであるという真理
道諦・・・その悟りに到達する方法が仏道であるという真理

仏教くさいと思わずに、もうしばらくお付き合いをw

【苦諦 くたい】
先日記事にしたように、人生は「四苦八苦」です。苦の連続です。
生・老・病・死、愛別離苦、怨憎会苦、求不得苦、五陰盛苦。
一時、「あ~楽しいなぁ」と思っても、やがてその楽しさは忘れ去り、また新たな苦が発生する。
楽しみ・喜びは一時のモノです。
でも、この「苦」を感じなくなったら、どうなるでしょう?
五陰盛苦の中の「識」がなかったら、どうなるでしょう?
知らない人に後ろから「ブスッ」と包丁で刺されても、「痛い」と感じられずに、知らない間に出血多量で死んでしまいます。
「苦」は生きてくために必要不可欠なものです。
まずは、これを知らなければいけません。

【集諦 じったい】
いろんな「悪因」が集まって、混ざり合って、さらなる「苦」が発生する、というものです。

例えば、「愛別離苦」。
  愛する人からもっともっと愛されたい・・・・貪欲
  ↓
  でも、裏切られ離れていった、憎らしい・・・・瞋恚
  ↓
  裏切った人の悪口を言いふらす・・・・愚痴

  求め過ぎ、求められず、イライラし、愚痴り謗る。

ありませんか、こんなこと、衝動的な感情?
先に記事にした「三毒(貪欲、瞋恚、愚痴)」が入ってます。追放したいものです。
こうやって、「苦」の連鎖が起こるんですね。
上記の例は「人」が求める対象ですが、「モノ」でもいいでしょう。
欲しいもの(身分)が得られない→イライラむかつく→愚痴り、妬む

【滅諦 めったい】
苦が解体された状態です。
三毒が追放された状態でしょうか・・・
上記の例でいうと、「求め過ぎず、イライラせず、愚痴らない」って感じでしょう。

ところで、求める対象の「人」や「モノ」は絶対なモノでしょうか?
「人」は年とともに変化するもの。
姿かたちはもちろん、その心さえ日々変化します。
愛してくれる時もあれば、裏切る時もある、で、いつかは死ぬ。
「モノ」だってそう、手に入った瞬間に、「もういいや」ってこと、ないですか?
壊れたり失くしたり・・・・

すべてのモノは「実体の無いもの」です。
人もそう、モノのそう、お金もそう、実体の無いものなんです。
実体の無いものを必死で追い求めているのです。

実体の無いものを求めてるのに気付けが、求め過ぎず、怒らず、愚痴らないようになる
って感じでしょうか・・・・

【道諦 どうたい】
じゃあ、どうやって「滅諦」の境地に至ればいいの?
どうすればいいの?
っていう質問に対する答えが、「道諦」です。
「苦」を滅する方法論です。
「日々是道場」の如く、日々の実践によるものです。
実践の中の一つの課程に「八正道 はっしょうどう」というのがあります。
人間の正しい「生き方」とでも言いましょうか・・・


長くなりましたので、「八正道」については次回記事にします。


******************************

いらっしゃいませ、どこからいらっしゃいました?
励ましのため、ぽちっとよろしく
何か感じたら、コメントもよろしく


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

タグ :

四苦八苦

 2009-02-11
四苦八苦の世の中だ。
暑い、寒い、不況、人間関係・・・

でも、苦しみも悲しみも喜びも、すべて一時のもの。
一時的な幻、諸行無常なもの。

しっかり正しく現実を捉え、「苦」を正面から受け止め、その原因を見つめる、
こういった態度、考え方が必要だと思う。

【四苦】
1.生(しょう)
生きること自体が原因となる苦

2.老(ろう)
老いることが原因となる苦

3.病(びょう)
病気に罹ることが原因となる苦

4.死(し)
死ぬことが原因となる苦

これとは別に、生きる上で、以下の苦がある。

1.愛別離苦(あいべつりく)
愛するものと別れる苦

2.怨憎会苦(おんぞうえく)
怨み憎む者と会う苦

3.求不得苦(ぐふとっく)
求めても得られない苦

4.五蘊盛苦(ごうんじょうく)
「五蘊」とは色・受・想・行・識のこだわりの苦しみ。
色は形あるもの全て、受は見る感覚、想は心に思う事、行は判断する事、識は認識する事。
この5要素が盛んに働き、こだわりが発生するため生じる苦


生老病死の四苦に合わせて、愛別離苦、怨憎会苦、求不得苦、五蘊盛苦を合わせて、
「四苦八苦」となる。

今感じている辛さは、全て上記の苦に分類される。
「苦」の原因をしかり見据えるため、この記事を記す。


******************************

いらっしゃいませ、どこからいらっしゃいました?
励ましのため、ぽちっとよろしく
何か感じたら、コメントもよろしく


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

タグ :

三毒追放

 2009-02-09
三毒とは仏教用語で、もっとも根本的な煩悩、貪・瞋・癡(とん・じん・ち)を指します。

貪(とん) :貪欲(とんよく)ともいう。はてしなくむさぼり求める心。
瞋(じん) :瞋恚(しんに)ともいう。怒りの心。
癡(痴・ち) :愚癡(ぐち)ともいう。真理に対する無知の心。

欲望深く、求めても得られないものを貪り求め、
それが得られないと分かると、怒り狂い、
そして、誰彼ともなく愚痴り妬む。

自分自身の心の中にも三毒があり、これが暴走した結果、
うつ病発病という愚の骨頂の極みに至ったと思います。
自分自身、情けなく思い、反省する次第です。

思えば、大恐慌前夜の今の経済状況も、三毒に侵された結果だなと思います。
必要以上に利潤を追求し、他人を蹴散らしてまで自らの利益を貪る。
思ったように利益が得られないと、なりふり構わずリスク商品を拡販する。
本当の「リスク」の真理を知らないまま、突っ走った結果、
今の様な混沌とした経済状況になってしまったのでは思います。

今からでも、間に合うだろうか・・・
三毒追放!


******************************

いらっしゃいませ、どこからいらっしゃいました?
励ましのため、ぽちっとよろしく
何か感じたら、コメントもよろしく


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

タグ :

通院日

 2009-02-06
今日は通院日。
薬も少なくなってきたし、土日を通院日に費やすのはもったいないので、会社帰りにクリニックに行ってきた。
それ以上に「今日」に拘ったのは、数日前、「今日」を歓送迎会にスケジューリングされたからだ。
正直に言うと、今の職場での「歓送迎会」には、あまり顔を出したくない。
陰口、悪口、愚痴だらけで、聞いてて気持ち悪い。
俺がやってる仕事を「そんな仕事」呼ばわりして、「他の係りを手伝え!」と強要する、
そういう人間に限って、ちょっと暇だったら、ネットで仕事に関係ないサイトを見て遊んでたり、
wikiでクジラの生態なんて調べてる。
何か怒りを通り越して、可哀相に思えてくる。
まぁ、こういうのも人生・価値観だらか、否定もしないし肯定もしない。

今感情を爆発させるのは得策でないから、僕はひたすらに沈黙を貫き、怒りを治める所存だ。
「見ざる、言わざる、聞かざる」の三猿の方針だ。

しかし、クリニックの先生の
「嫌な人がいる飲み会なんか、行く必要ないよ!」
という、アッケラカンとした意見には大変救われた。


気分転換に、クリニックの帰りにちょっとショットバーなる所に入ってみた。
一人酒場に入るのは、人生初めて。
静かな雰囲気で、マスターと人生論を展開してきた。
若いマスターだが、いろいろ「モノ」をジッと見つめてる雰囲気があった。
マスターとの落ち着いた会話の方が、俺的にはシックリきた。

「意外と有意義な日だったなぁ」と、今思い返している。


******************************

いらっしゃいませ、どこからいらっしゃいました?
励ましのため、ぽちっとよろしく
何か感じたら、コメントもよろしく


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

タグ :

おはよう!

 2009-02-05
僕の出勤時間はAM7時頃。
今の時期は寒くて、まだ薄暗い。

とぼとぼ駅まで歩いてる途中、いつも一人で通学してる小学生の女の子とすれ違う。
近所の子で、僕が卒業した小学校の生徒だ。
親子くらい離れてるだろうが、かわいい僕の後輩だ。

いつも同じ時間、同じ所ですれ違うので、最近「おはよう!」って挨拶する間柄になった。
ちょっと清々しい出勤時間を味わっている。

小学生から教えてもらった、「おはよう」の挨拶の大切さ。

小学生とすれ違うすぐそばの池には、毎日、アヒルと野がもがゆっくり水面を泳ぎ、
鵜が水中を潜ったり、水面に顔を出したりしている。

池の真ん中にある島の木々にはシラサギが羽を休め、
池の端の枝垂れ柳は、うっすら朝日を浴びて夜露で輝いている。

何気ない、僕の出勤風景です。


******************************

いらっしゃいませ、どこからいらっしゃいました?
励ましのため、ぽちっとよろしく
何か感じたら、コメントもよろしく


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

タグ :

進まない・・・

 2009-02-03
うーん、勉強が進まないなぁ・・・
仕事終わったて家に帰ってきたら、眠くて仕方ない。

早く寝て、朝早く起きてやるべきか・・・

寒いしなぁ・・・ ウジウジw


******************************

いらっしゃいませ、どこからいらっしゃいました?
励ましのため、ぽちっとよろしく
何か感じたら、コメントもよろしく


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

タグ :

初めての参禅

 2009-02-01
2/1、人生初めて参禅した。
前から行ってみたい、体験してみたいと思ってたが、なかなか意を決することができず、
2月に入ったことだし、「よし、行ってみよう!」と決意、今日、やっと重い腰を上げることができた。

初の参禅の感想は、「俺、なんて自意識過剰で弱いんだろう」です。
何故か、警策を持った雲水さんが前を通っただけで、
「あっ、俺見られてるかも!?」と思ってしまう。
で、変に体に力が入る。

決して雲水さんは俺を見張ってるわけじゃないのに。
他人の目を気にしすぎる、弱い俺が心の中にいるんだろう。

まぁ、でも、ちょっと早起きして、清々しい朝を迎えることができた。


禅師の提唱は、六根、六塵のお話。

六根は、眼、耳、鼻、舌、身、意 の6つの感覚、
六塵は、色、声、香、味、触、法 の6つの感情、

六根には、それぞれ、「好」、「嫌」、「平(どちらでもない)」の3種類の感覚が生まれる。
六塵にも、「楽」・「苦」・「捨(苦しくもなく楽しくもない)」の3種類の感情が生まれる。

(禅師の話はここまで。あとはネットで調べた)

六根も六塵も、それぞれ、3x6=18の煩悩が生まれ、計36の煩悩が生まれる。
これら36の煩悩が「過去」「現在」「未来」の3世代に渡って生じるため、
36x3=108の煩悩が生じる。

除夜の鐘が108回打たれるのは、これらの煩悩を消し、新たな年を迎えるため。


と言うことらしい・・・。

俺にはちょっと難しすぎて、頭に入らないw


******************************

いらっしゃいませ、どこからいらっしゃいました?
励ましのため、ぽちっとよろしく
何か感じたら、コメントもよろしく


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。