スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

孤立

 2009-09-15
いろいろ励ましのメッセージありがとうございます。
この場を借りてお礼申し上げます。

正直ブログを見る気力もない程精神的に弱ってます。
孤立無援とはこのことかと、痛感してます。
自分の我がまま、妄想がジャマしてるのだと思いますが、
私に対する敵対心、態度が我慢できません。

私に対してこの職場が何を期待してるのか、さっぱり分かりません。
「歯車は黙って回っていればいい」のかなと、最近思ってます。
自分専用のPCが与えられない職場で、PCを使った作業・課題を出されて
空いてるPCをコソコソ探すのも、もう疲れました。

話はがらりと変わりますが、相田みつをのイイ話が転がってたので
コピペしておきます。

とりあえず、生きてますので・・・・・


(おもいッきりテレビが紹介した相田みつをのエピソード話)

相田みつをは青年期になって人生の意味がわからずさまよっていたが、仏道へ意味を求めた。
そこで、1942年に栃木県足利市家富町の曹洞宗高福寺の武井哲応老師と出会い、在家しながら仏法を学ぶ運命を自ら選んだらしいのです。
住み込みで、仏道修行を始めた頃のことです。朝早く起きて水をくみ、寺の廊下を雑巾で拭き、庭を箒で掃き、食事を作り、お経を上げ、老師に仕え、仏道修行に励んだそうです。

そんなある日のこと、老師武井哲応は相田みつをに向かって今日はお寺を留守にすると言い、仏道に励み、仏に仕えるように、 そして、仏壇にお菓子が供えてあるが、人に取られたり、食べたりしないようにときつく言いつけ、外出したそうです。
相田みつをは言いつけを守り、仏道に仕えたそうです。

時間が夕方に近づいた頃、老師武井哲応はお寺に帰ってきました。しばらくして、大きな声で、相田みつをは老師に呼ばれたそうです。
仏壇のある部屋に呼ばれて、「お前は仏壇の前に備えているお菓子とまんじゅうを食べたな」と言われたそうです。

仏壇の前には確かにお菓子とまんじゅうはなくて、確かに誰かがお菓子とまんじゅうを持って行ったか、食べたか、そんな状況でした。
しかし、相田みつをは自分が食べたのではなかったので、その旨を老師武井哲応に言ったところ、
老師武井哲応は烈火のごとく怒って一切話を聞かず、こう言ったそうです。

「お前は仏道に入りながら、自分が食べたにもかかわらず、嘘をつくのか。それで仏道修行が出来るとでも言うのか。
食べたことを素直に認め、反省し、謝るのならまだしも、お前は開き直るのか。その根性が腐っている。もう一度自分の部屋に帰り反省をせい。」

相田みつをは実際お菓子を食べていないので、どうして嘘つきだと言われ、断定されるのかわからないと思い続けたそうです。
食べていないものは食べていないのであって、食べたと言って、非を認めるのは嫌だ、そんな自分は自分が許せないと思いながら、反省の時間を過ごしていた。

そこへ、老師武井哲応が部屋の中に入ってきて、反省が出来たかと言われた。
しかし、相田みつをは食べていないのだから、その旨を告げたところ、またもや老師武井哲応が大きな声で嘘をつくなと怒鳴り、詰問した。
そして、庭を箒で掃きながら、反省を続けろと命令した。

相田みつをは自分の言い分を受け入れてもらえないので、仕方なく庭を掃いた。
掃除が終わった頃、老師武井哲応がお寺の仏間から相田みつをを中に入るように呼んだそうです。
部屋に座らせられた相田みつを前に、老師武井哲応がこう言ったそうです。

「仏壇に供えられていたお菓子はお前が食べたのでない。ほら、それはここにある。
食べてもいないのにお菓子を食べたと言われたのは腹が立っただろう。自分の正しい言い分を主張しても受け入れられず、苦しい思いをしただろう。
自分が犯人扱いをされて悔しかっただろう。それがな、人生だ。その連続が人生なんだ。」

続けて、たたみかけられるようにこうも言われた。
「あのなあ、この仏道修行を終わり、娑婆に出れば、人から何の理由もなく文句を言われたり、喧嘩を仕掛けられたり、不条理な悪いうわさを言われることがあるんじゃ。
耐えろ。歯向かっていってはならん。これが人生なんだ。仏教の神髄でもあるぞ。これを体で覚えておけ。お前が前世や今生でやったことなんだ。そして正しく生きろ。」

老師武井哲応はどうもカルマについてこのような方法で相田みつをに説いたらしいです。
この世に生まれ代わって来たら、人から何の理由もなく文句を言われたり、喧嘩を仕掛けられたり、不条理な悪く言われたり、悪いうわさを言われることがある。
悪く扱われることがある。それらはお前が前世や今生でやったことなんだ。」

相田みつをの人生観は1942年に曹洞宗高福寺の武井哲応老師と出会い、在家しながら仏法を学ぶ運命を自ら選んだことにあると思います。
彼の場合は仏教で、禅宗の般若心経の世界で、人間の実体の本質を学ぶ仏道を選んだようです。人間の本質は霊であるということを会得したのだと思います。

以上、コピペでした




スポンサーサイト
タグ :

はぁ

 2009-09-03
疲れたなぁ・・・・・



タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。