スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

NO!と言えない自分

 2008-11-11
この前、目の前に座ってる女の子から、こんなこと言われました。

そんな仕事早くやって、他の係りの手伝いしろ(怒)!」

いやぁ、びっくりすると共に、うつーがぶり返し、自律神経がプチプチ切れる音が聞こえましたw
女の子の口から、こんな言葉が発せられるとは・・・

私、「あぁ、わかったよ・・・(ボソボソ)」

目上の人間に対する口の聞き方がなってない、というのはどうでもいいことで、その場ではっきりと「NO!」と言うことがいえませんでした。
言われた時にぶち切れてやればよかったなと反省しました。

「「そんな仕事」とはどういうことだ! 大事な仕事だろ!」と・・・・

後日、上司から、「あの係りの仕事手伝ってやれ」と、性懲りも無く言われました。
その時、はっきり言ってやりました。

「自分の仕事をしっかりやって片付いたら、手伝います。」
「私も周りの状況を見てますので、本当に手伝いが必要だと自分が判断したら、手伝います」

無論、さっきの女の子にも聞こえるように主張しました。

自分の仕事、自分の身を削ってまで他人のお世話をするなんてナンセンスだと思います。
他人のために自分が生きているわけではありません。
自分は自分のために生きている、生かされている。

他人に振り回されることなく、他人の目など関係ない。
自分が納得できる選択をし、目の前のことを大切に淡々とこなす。
そうすれば、もっと楽しい人生になると思います。

自分を大切にしましょう!


******************************

いらっしゃいませ、どこからいらっしゃいました?
励ましのため、ぽちっとよろしく
何か感じたら、コメントもよろしく


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ



スポンサーサイト
タグ :
コメント
私も、「断る方法」学習しなければ・・・・
コメントいただいた通り、自分がどう思われるのか気にしてしまいますね。
でも、それは自分の心の中で作った「妄想」であって、「妄想」にあれこれ縛られちゃうんですよね。
何が大切かしっかり見極めて、自分で正しいと思った方を選択すればいいのかなぁ・・・
【2008/11/16 17:53】 | オロナイン● #- | [edit]
今、『「職場ストレス」「仕事うつ」に強くなる本』と言うのを読んでいます。そのなかで、「断りたいのに断れない」「どのような理由であれ断れないことによってストレスをためその重さに自分が押しつぶされるのであれば、きちんと断るのがよい」とかいてあり、断る方法がかかれてありました。自分がどう思われるのか気にしてしまい、なかなかNOと断るのは難しいですが、大事なことなんですね。
【2008/11/15 21:08】 | YASU #- | [edit]
一票ありがとうy( ̄ー ̄)yピース

手伝わなければいけない程の仕事量は無いと判断してます。
人員も十分にいると思います。
要は、「自分達が早く帰りたいから手伝え」ということだと思います。
60過ぎのおじいさんが少し手伝ってるのですが、仕事が遅いとか覚えが悪いとか、文句ばかり言ってるのを聞くと、正直私から積極的に手伝う意志は薄らいでます。
感謝の気持ちが欠けているように思います。
私は彼女達に復帰の後押しをしてもらったので感謝してますが、今の有様では、積極的に関わろうという気はありません。
自分の方が大切ですから。
冷たいかな、私・・・? wwww

ありがとう
【2008/11/12 20:16】 | オロナイン● #- | [edit]
そーだ!そーだ!
オロナイン●さん、間違ってない~!

目上の人に対するモラルがなってなぁ~い!!!
その時にぶち切れてやれば良かったと言う気持ち、すんごい解ります~(>_<)

でも、その後ぱ+。(σ゚∀゚σ)⌒Nice♪ですね!!!
オロナイン●さんの言っていることは、正論だと思います^^

1票入れときます(笑)
【2008/11/12 10:04】 | みゆ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://oronine0407.blog116.fc2.com/tb.php/191-efd4a359

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。