スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

大和路の旅-その1

 2008-11-17
平成20年11月15日(土)~16日(日)と、奈良に旅行に行ってきました。
修学旅行以来(20数年ぶり)の奈良訪問です。
紅葉の季節、色づいたもみじ、たくさんのお寺を見て楽しんできました。

1日目は南から北へ北上、
法隆寺-法輪寺-法起寺-富雄川沿い-大和郡山城跡-秋篠川沿い-薬師寺-唐招提寺-平城京跡-古墳群-鴻ノ池運動公園-奈良市内ホテル という行程。

すべて、愛車のMTB(Gary Fisher)にて移動。
走行距離-32.1km、走行時間-2:23:37、AV-13.4km/hと、のんびりとしたサイクリングでした。
ご想像の通り、翌朝は筋肉痛に襲われましたw

2日目は奈良公園を徒歩で散策。
定番の、猿沢池、興福寺、東大寺、二月堂、若草山を回りました。
朝方は雨に降られましたが、小雨でカサはほとんど使いませんでした。
春日大社まで行きたかったのですが、体力と時間が限界に達し、奈良公園からバスで近鉄奈良駅まで行って、岐路に着きました。

ところで、奈良にはいくつかのサイクリングロードが整備されてて、今回は「奈良自転車道」を走りました。
途中、古墳群-鴻ノ池運動公園は、山の中でなだらかな坂が続き、結構きつかったです。
また、一人サイクリングで且つ、ここを通る時間が夕暮れだったので、薄暗い山の中で人っ子一人いなく、一人孤独でゼーゼー言いながら上り坂を登ってました。
何度も休憩をはさみ、やっとの思いで頂上までたどり着き、いよいよ下り坂、あごを上げたまま気持ちよく滑走してたら、バランスを崩し、コケソウになり怖い思いをしました。

サイクリングって、人生そのものですね。
上り坂はあごを引いて、必死で頂上まで登ろうとして、途中、挫折して休憩を入れることもある。
でもがんばって頂上を目指す。薄暗い中、頼れるのは自分自身のみ。
やっと頂上まで登り詰めて「やった!」とあごを上げて空を眺める。 で、あごを上げたまま下り坂に突入しちゃって、回りが見えずコケソウになり、怖い思いをする。

常にあごを引いて謙虚に行けば、人生下り坂でも、怖い思いはちょっとは回避できるでしょう。
また、頂上に登り詰めても、決してあごを上げて驕るのでなく、しっかりあごを引いて、謙虚にしなければいけないと思いました。

お寺、仏像は言うことなし!
すばらしいです。日本の歴史に感謝です。
お釈迦様の偉大さが身に染みました。

次章から、たくさん撮ってきた写真で、大和路をちょっとだけ味わってください。



******************************

いらっしゃいませ、どこからいらっしゃいました?
励ましのため、ぽちっとよろしく
何か感じたら、コメントもよろしく


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://oronine0407.blog116.fc2.com/tb.php/193-cc7fdd0e

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。