スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

北海道旅行記 2日目-その1 北海道上陸 5/14

 2009-11-28
日付は変わり2009/11/19(木)、目覚まし時計の音で目を覚ましました。
早朝4:40・・・・ね、ねむい・・・・
時刻からして、北斗星はまだ青森県内を走行していると思われます。

眠い目をこすりながら洗面を終え部屋に戻ると、北斗星はいくつかトンネルを
くぐり始めました。

「はて、どれが青函トンネルなんだ!?」と思っていると、
一瞬トンネルの入り口に掲げられた「青函トンネル」の看板が目に入りました。

5:06、いよいよ青函トンネル進入です。

それまでの規則正しい「ガタンゴトン」という線路音が、
「ザーーーー」という音に変わりました。


青函トンネルを進入してから数分後、青い光が走ります。
一番深い場所に到達です。
P1000466.jpg

「青函トンネルで一番深い所にいるんだ!」と感慨にふけっていること数分、
しばらくすると、車窓から地上の風景が飛び込んできました。


5:44、青函トンネル飛び出しです。

いよいよ北海道上陸です。
北斗星は松前半島を北上し、一路函館駅を目指します。
北斗星の旅2日目、一番最初の停車駅です。

天気は晴れ、山々はうっすら雪化粧。
早朝の爽やかな景色を眺めていると、右手の車窓から函館山が見えてきました。


青函トンネルを飛び出して50分後、6:34、函館駅到着です。

函館駅までは電化されており電気機関車で牽引してましたが、
函館駅以北からは電化されておらず、ディーゼル機関車での牽引
となります。

ブルートレインらしい青色の機関車をカメラに収め、
6:42、北斗星はいよいよ函館駅出発です。
P1000471.jpg

あと5時間ほどのラストラン、「北斗星から観る雄大な北海道の風景を
存分に満喫するぞ」と、胸をワクワクさせながら、北斗星は一路札幌を目指します。


つづく


スポンサーサイト
タグ :
コメント
飛行機だとすばやく目的地の風景etcを楽しむ。
列車だと16時間車窓の風景を楽しむ。
ある意味列車の旅の方が贅沢ですね。

どうも飛行機に乗ると、落ちるのが怖くてw

いよいよ北海道上陸です。
贅沢な車窓の風景が始まります。
【2009/11/29 00:07】 | オロナイン● #- | [edit]
>青函トンネルを進入してから数分後、青い光が走ります。
一番深い場所に到達です。

綺麗だったことでしょうね。
青は私が一番好きな色です。

飛行機でひとっ飛びより、絶対こちらの方が「旅」の経緯を楽しむことができて素晴らしいですよね。

青函トンネルの一番深いところ。
すごいですね。
青い光、お写真でも綺麗ですね。
【2009/11/28 21:53】 | まえぴょん #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://oronine0407.blog116.fc2.com/tb.php/307-44c92cce

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。