スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

営業店2での思い出

 2008-06-22
入行して営業店1では、外為とほんの少しの融資・集金業務を覚えた俺に対して異動が出た。
営業店1には3年6ヶ月かな?

全く営業・融資のスキルがない俺、「まぁ、なんとかなるさ」と思って、
営業店2の営業室に入った途端、俺は凍りついた。

いきなり支店長が上席を怒鳴りつけている。

「なんで、あの資料作ってないんだ(怒)!」

「ダーーーン」
机を叩く音がする・・・・・

パワハラマニアの支店長だった。



以降、特に外回りの上席と外回り担当(俺ともう一人の同僚)に、矛先が向くこととなった。
支店長に提出した訪問予定表や書類は、大抵は、空中を飛んで俺たちの机に不時着する。

「ぴゅーーーーーー」 (書類が飛ぶ音)

「なんだ、この書類は!? 書き直せ(怒)!」

「ダーーーーーーン」

机を叩く音がする。

そして、俺たちの机の近くに来て、
「お前たちは気合が足らないんだ(怒)、どういう教育を受けてきたんだ!
お前らの親を呼んで来い!」

時には、階段から蹴飛ばされて落とされる光景もあった。

完全な、変質者的パワーハラスメント、パワハラマニアだった。

そういえば、店に帰ってきたとき、支店長と外回りの上席とものすごい剣幕で
喧嘩をしていた。

上席  「そんなこと言われて、大変心外です!」
支店長 「あぁ、どの口から心外って言葉が出るんだ!(怒)、あぁ!」

俺ともう一人の同僚は何もできない、金庫の中に非難して時を去るのを待った。
子犬のようにブルブル震えながら・・・や、やくざみたいやなぁ・・・

当時はボーナス時期は夜間勧誘で夜遅くまで外を回っていたが、
店に帰ってきた時、珍しく出前が3杯置いてあった。
俺ともう一人の同僚が先に夜間訪問から帰ってきた。

支店長「ご苦労さん! お前ら、このたまご丼食べろ」
残り1杯は支店長が食べ始めた。

外回りの上席が最後に店に帰ってきた。

支店長「どれだけ成果上げられたんだ!? あぁ(怒)?」
    「お前に食べさせるものなんか、用意してないからな! 早く仕事しろ!」

俺は必死にたまご丼を口の中に放り込んだ。 早く食べなきゃ・・・・

もう、誰にも支店長に逆らえなかった・・・・
ただただ、恐怖心だけだった・・・・
気が狂いそうだった・・・・

そういえば、この支店長、お歳暮を部下に強要する癖があるみたいで、
「年末の挨拶は何するか分かってるな!?」
支店長さまのご自宅までお歳暮を持っていった記憶が蘇ってきた。
世の中”ユニーク”な人物もいるもんだ・・・・・

この支店長との付き合いは半年で終わったが、銀行のスキルがなく、パワハラにあった俺には
もう仕事をする気力が無かった
その結果、半年で次に来た支店長から見切りを付けられ、畑違いのシステム部へ異動する
こととなった。

ちなみに、営業店2最後の日、支店長以下みなさんに最後のご挨拶が通例だが、
その支店長は、「午後からお客さんと食事に行ってもう店には帰ってこないから」と他の上席に
言い残したまま帰っていった。
そのことを知らされてない、外を回って引継ぎ中の俺は、最後の日に支店長に挨拶することもなく
営業店2を去ることとなった。

よっぱど、俺は、この支店長に嫌われていたのだろうなぁ・・・・

まぁ、俺も二度と営業店2には行きたくなかったので、後の歓送迎会には欠席した訳だがwww



リハビリになります。励みになります。
↓バナークリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 精神科・心療内科へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ



スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://oronine0407.blog116.fc2.com/tb.php/53-67f99aed

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。